勉強部屋.com

スペイン語文法勉強方法

 文法編です。

 

 初級文法本としては、ナツメ社の『文法から学べるスペイン語』が良いと思います。

 

 おまかな文法が載っていて、そんなに厚い本ではので、まずはこれを1冊終わらせると良いでしょう。一冊終わらせると達成感あるしね。ただ、接続法の解説は不十分なので、その先を目指すには以下に紹介する文法書もやると良いと思います。

 

 また、東京外語大の語学モジュール(外部リンク)も基礎文法の総まとめにはとても使いやすいです。本を探す前にこっちでから始めてもいいですね。

 

 次は、NHK出版の『これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで』がおすすめです。初級のものより、情報量がだいぶ増えているので、文法の疑問にぶつかった時に調べるのに使えます。

 

 中級になってくるとぶつかる接続法の壁対策。これには白水社の『極める!スペイン語接続法ドリル』が断然役立ちました。接続法が動詞の意味ごとに、大量の例文が載っています。各章ドリルもついているので練習もばっちり!個人的にも、日常で適当に使って作文でどうするか迷っていた接続法が、スッキリ解決したので、やって効果はあったと思います。

 

 接続法だけに2600円かぁ…って思うとお高い気もしますが、B2以上に進みたいと思うのでしたら、やってみるといいのではないでしょうか。

 

流通してるか不明

 あとは絶版ですが白水社の『新スペイン語広文典』なんかも個人的には好きです。言い方も解説もすごく文が古いんですが、細かく解説されている良書だと思います。
(ただ一般向けとしては、とっつきにくいと思います。)

 

 

サブメニュー

page top