勉強部屋.com

スペイン語リスニング勉強方法

 リスニング編です。

 

 リスニング対策で、初級者がやみくもにテレビやラジオを聴いたりするのはあまりおすすめしません。私も音に慣れるためにも良いだろうと思って聞いたりしましたが、知らない単語の多さと喋りの速さで、5分もすれば脳が雑音として処理し始め。。。(;´・ω・)

 

 音楽も同様ですね。特に音楽は文法を無視して韻を踏んだり、謎の造語が入ったり、初期の勉強道具として使うにはいまいちだったかなと思います。もちろん、音楽が好きで、聞いてて気分が上がる!などでしたら、かけておくのは良いことだと思います。
 ですが、勉強で取り入れるのには中級レベル(Nivel B)になってからがいいと思われます。

 

 以下で、どういった勉強ルートを取ると効果的だったか紹介します。
 段階を踏んでレベルアップしていきましょう!自分の基礎力の少し上のものを選ぶといいですね。

 

リスニング勉強の道

 トレーニングでおすすめなのは、自分より少し上のレベルのディクテーション
 音声を一字一句間違えないように書き出しましょう。その時に、まずは本文を見たら大体理解できるレベルの内容を選びましょう。何回聞き直しても良いので、単語も文法もこれでかならず合ってる!と思える所まで、聞き取ってください。それから本文の答え合わせ。間違っていたところは、何を間違ってそう書いたのかを分析。
 (語彙をしらない?動詞の活用、文法を知らない?前置詞や冠詞が聞き取れてない?なまってて知ってる単語が聞き取れなかった?スラング?など)

 

 教材は、よくある旅行者向けや初級向けの本、NHKテレビ講座やラジオ講座のCD、ネットに落ちてる音声など、音声本文が確認できるものなら何でもいいと思います。取りたい資格がある場合は、その取りたいレベルまたは一つ優しいレベルの問題集もいいですね。

 

 これをしっかりやると1〜2分の音声でも1時間程度かかったりしますが、この地味な修行の積み重ねが一番成果が出たと、個人的には感じます。

 

 ここから徐々に本文のレベルを上げていきます。リスニング対策にはEFEのスペイン語学習サイト最強です。

 

 毎日記事が2〜3個追加され、音声、本文、同じテーマのニュース動画までついてて、無料で使えるこのクオリティは凄いです。また、記事がレベル別に分かれているので選びやすいです。毎日違うジャンルの記事を読む事で、万遍ない語彙力強化にも最適です。B1を超えた辺りからは、もっぱらこのサイトを使わせて貰いました。

 

 リスニングは一番最後に伸びてくると言われるので、地道に修行しましょう!

 

サブメニュー

page top