勉強部屋.com

マチュピチュへの行き方

 ペルーの一大観光地マチュピチュまでの行き方を紹介します。

 


 まずは街の位置関係がこちら。マチュピチュへはリマからクスコという街に入り、そこから電車でマチュピチュ遺跡のあるアグアスカリエンテス(直訳:熱い水)という村までいきます。名前の通り温泉があり、伊香保のような雰囲気です。

 

リマ⇔クスコ

 国際線でリマまで着いたら、クスコ行きの国内線に乗り換えます。国内線は、ラタム航空、ペルビアン航空、アビアンカ航空、ラン・ペルー航空などLCCも色々乗り入れており、往復で15000円〜30000円程度で行けます。ラタム航空が一番高い(往復20000円位〜)ですが、一番安全なので私はいつもこの航空会社を利用しています。
 ちなみにペル〇アンはこの前胴体着陸やらかしていました。南米の飛行機は、オーバーランなど死者出ない程度の着陸失敗事故は大体年1回くらいはあります。

 

 リマからクスコまでバスで行く方法もあり、32ドル〜で、21時間かかります。時間に余裕のある方はこちらもいいかもしれませんが、リマのバスターミナルは強盗など非常に危険なので、あまりおすすめはしません。利用される方は、パスポートなど取られないように本当に注意してください!マチュピチュもパスポート(購入時の身分証として登録している場合)がないと入れなくなります。

 

 クスコ空港からクスコ中心地のアルマス広場までは、オフィシャルのタクシーで20ソルで大体一律でした。イージータクシーの方が12ソルくらいと安いのですが、待ち時間などを考えて好きな方を選んでください。あとは路線バスが2ソルで乗れますが、旅行客を狙った集団のスリなども多いので、おすすめはしません。

 

クスコ⇔アグスカリエンテス


 クスコに着いたら、今度はアグアスカリエンテスまで移動です。移動方法は3種類。

 

@クスコから車でポロイ駅→アグアスカリエンテス駅

 

Aクスコから車でオジャンタイタンボ駅→アグアスカリエンテス駅

 

Bクスコからインカトレイルを通り4日間かけて徒歩

 

@クスコ→ポロイ→アグアスカリエンテス

 クスコからポロイ駅まではタクシーで45分ほどかかります。電車の出発時間の30分前から乗車チェックが始まるので、余裕をもって到着しておきましょう。タクシーはホテルで呼んでもらうか、イージータクシーというアプリで呼ぶのが簡単です。大体40ソル(1320円)くらいです。
 電車はペルーレイル(外部サイトhttp:// www.perurail.com)インカレイル(外部サイトhttps://incarail.com/)の2社が出ています。ペルーレイルの方が本数が多いので、使われる方が多いんじゃないかと思います。利用時間と金額で選ぶといいですね。一番安い席で片道約68ドル〜、500ドル近い豪華列車もあります。4時間程度乗車します。アルマス広場にも売り場があるので、そこで切符を買えますが、ネットで買っておくことをおすすめします。その方が断然楽です。

 

 ポロイ駅からは日帰り客様に、朝と夕方の便が主体です。また日帰りツアー客が多く利用するので、電車のチケットがすぐ売り切れてしますので注意。

 

Aクスコ→オジャンタイタンボ駅→アグアスカリエンテ駅

 クスコからオジャンタイタンボ駅までは、タクシー3時間で約100ソル、乗り合いバスだと3時間半くらいかかって15ソルです。乗り合いバスは満席になるまで出発しないし、途中で乗客の乗り降りがあるので、時間は余裕ももっておいて下さい。
 あとは@と同じですね。

 

Bクスコから徒歩

 クスコから徒歩で4日間かけてアグアスカリエンテまで82キロを行く、インカトレイルというツアーがあります。4日間バックパックを背負って歩き、テントに泊まるツアーで650ドルかかるらしいです。これは私は行ってないので、興味のある方は
Inca trail (外部サイトhttp://www.incatrailperu.com/index.html)
こちらをどうぞ。英語サイトです。

日帰りツアー

とにかく急いで南米の観光地を回りたい!!

マチュピチュは1日で済ませたい!!

 

...って人は、ツアーの利用をおすすめします。大抵のツアーが始発の朝5時発の電車で行って、夕方の電車で夜クスコ着って感じです。

 

 全部自分で手配した方が安いのはそうなのですが、クスコから駅が結構離れていてタクシーを使わなければならないしアグアスカリエンテ村着いてからもバス並ばなきゃいけない等、色々時間を取られるんですよ。道中の移動を細かく車が用意されているツアーを選んだ方が、断然快適に回れますし、『遺跡からの帰りのバス乗り場がめちゃくちゃ混んでて、帰りの電車時間が怪しいかも…(;´Д`)』なんて焦ったりする心配もなくなりますしね。

 

 南米旅行は、日本の様に公共交通機関できっちり時間移動できないので、時間をお金で買う感じですね。旅行日程次第で利用すると良いと思います。

 

サブメニュー

page top